top of page
  • miyasato-m

老後資金準備していますか?

昨日は、敬老の日でしたが、全国の100歳以上の高齢者は、9万2000人あまりで53年連続で過去最多を更新しています。そのうちの9割は女性ということです。

昭和38年には153人だった100歳以上の高齢者ですが、平成元年には3300人を超え、令和元年には7万人以上になり、年々増加しています。

そんなに長生きしたくないといっても、人の寿命は分からないので、それなりの準備が必要になってきます。

少子高齢化がますます深刻になる中、将来の年金不安は増える一方です。


FP相談に中にも、老後資金っていくらあれば安心でしょうか。という質問は多いです。

老後に必要なお金は人それぞれ違います。

まずは、年金の予想額を出してそれで足りない場合、老後資金を少しずつためていくということになります。

また、老後は年金の中で生活しようと思っているが、思いがけないとお金が必要になる場合もあります。

例えば、家のリフォーム工事、介護が必要になり施設に入ろうと思うが、毎月の年金の額では足りないなどということがあることも考慮して、老後資金がいくら自分には必要なのかを出していきましょう。


そして、そのお金を預貯金で貯めるのか、投資をして貯めるのか資産シミュレーションをして少しでも早く始めることも大事になります。来年から本格的に始まるNISA制度なども効率的に使っていきましょう。

最新記事

すべて表示

一時払い終身保険と新NISA、どちらがいいのか

今年から新NISAが始まり、メディアやSMSでも始めたほうがいいということで、盛り上がっていますね。 私のところに相談に来られるかたでも、今までは投資は怖い、躊躇するという方もいらっしゃれば、これを機に始めてみようという方も多くみられます。 若い人にとっては、積立・長期・分散でリスクもある程度抑えられますので、メリットも多いと思われます。 ただ、最近の株高の影響もあり、今まで買っている人がプラスに

値上げラッシュ。物価上昇が止まりません。

特に、2023年2月は昨年10月に次いで、多くの値上げが実施される予定です。 例えば食品では、冷凍食品、ふりかけ、缶詰、パン、ティッシュペーパーなどの紙類、一部メーカーの乳飲料、果汁飲料などです。 値段が高くなるだけでなく、内容量が減っているなどの実質値上げなどもありますよね。 今年も値上げの話題を耳にすることになりそうです。 この現状で、ファイナンシャルプランナーとして相談が多いのは、物価が上昇

bottom of page