生命保険料控除の申請を忘れずに


生命保険料控除は、11月ごろに職場に提出する給与所得者の保険料控除申告書に記入して、保険会社からきた控除証明書をつけて提出するためです。


生命保険料控除には、「一般の生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3種類あります。また一般の生命保険料控除と個人年金保険控除は旧保険料控除と新保険料控除があり、分かりずらいと思う方もいらっしゃると思います。


まずは、上限以上のものを記入しても意味がないので、控除証明書のハガキなどを見て一番大きい保険料のものから記入していきます。

一般の生命保険料控除は、死亡保険などが主で旧制度では10万円以上で控除額5万円、新制度では8万円以上で控除額4万円が上限です。

介護医療については、医療保険や介護保険の保険料になります。ここは新制度の医療介護の欄に記載があればそのまま記入します。

個人年金保険料控除に該当する場合は、旧制度か新制度か確認してその額を記入します。

上限については、一般の生命保険料控除と同じです。


また、この時期1年間に払っている保険料が分かるので、見直しをする方も多い時期です。

本当にこの保障が必要なのか、見直しをするいい機会なのかもしれませんね。

物価上昇のこの時期、保険を見直すチャンスでもあります。

なんとなく保険料を払っている方、是非ご相談いただけばと思います。




最新記事

すべて表示

コロナ陽性の場合、自宅療養、ホテル療養の方でも2020年からの特例より入院給付金が支払われていました。しかし、2022年9月26日以降に陽性と診断された場合、自宅療養の場合は下記の方のみ入院給付金の対象になります。 ①診断日時点で65歳以上の方 ②本来入院が必要であったが、医療機関の事情で入院できなかった方 ③新型コロナ治療薬の投与または酸素投与が必要だった方 ④診断日時点で妊娠中であった方 上記

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、生命保険会社が支払う入院給付金が2011年におきた東日本大震災の死亡保険金を上回っています。 各保険会社は人員を増やして対応していますが、それでも支払業務は遅れ気味です。 実際に入院していなくても、給付金が受け取れる「みなし入院」が大部分ではありますが、見直しを求める声もあります。 今のところ、感染症法上の位置付けは、「2類相当」になっていますが、季節性インフ

新型コロナウイルス感染症で、自宅療養でも民間の医療保険の対象になるということで、給付金請求が多くなっている昨今。こんなに給付金を出しているんだから、今後は医療保険の保険料は高くなるだろうな。と予想している方も多いでしょう。 しかし、今年になってから終身医療保険の新商品、保険料率変更など各社続々と他社に負けるなと競争をしているのも現状です。 終身医療保険は基本的に掛け捨てなので、同じ保障内容で保険料